この記事は約 4 分で読めます ( 約 1933 文字 )

車のローン 頭金はいくら? 実は頭金なしで契約できるリースがお得な理由と損なところ

 

車を購入するときに考えるのが「頭金」。できるだけたくさん頭金を用意したほうが後々のローン支払が楽だから、と考えるのが普通ですよね。

 

でも実は、頭金なしでリース契約が意外にお得なんです。

その理由と、損な所はないのか書いてみます。

 

 

車のローン購入 頭金の平均は?

 

頭金の平均は新車価格の20~30%程度が多いようです。
例えば200万円の車だとすると、50万円ぐらいが頭金ということになります。

 

もちろん、懐具合や個人の考え方は違うのでこれぐらいが正解とは一概に言えませんが、平均するとこのぐらいだそうです。

 

頭金ありと無しではどれぐらい金額が変わってくるのか?

 

実際に200万の車として、金利が3.5%でシミュレーションしてみます。
シミュレーションできるサイト

 

まず最初に、頭金無し、ボーナス返済無し、返済期間5年で計算しました。

頭金無し、ボーナス返済無し、返済期間5年

 

支払総額は、毎月36,383円×60(5年間)=2,182,980円

 


 

次に、頭金50万、ボーナス返済無し、返済期間5年で計算しました。

頭金50万、ボーナス返済無し、返済期間5年

 

支払総額は、毎月27,288円×60(5年間)=1,637,280円

 

頭金無しと頭金50万を入れた場合に差額は
2,182,980円-1,637,280円=545,700円

 

となり、ここから頭金の50万円を引くと、金利の差は45,700円ということがわかります。

 

5年間で45,700円余分に支払う事になりますが、これを支払1回あたりにすると、
45,700円÷60=761.666円 約762円ですね。

 

これを多いと思うのか、案外差額は少ないと思うのかは個人の感覚ですが、ランチ1回ぐらいの値段ですよね。

 

頭金なしで契約できるリースがお得な理由と損なところ

 

お子さんがいる家庭では、まとまったお金が必要な時があります。貯金がたくさんあるご家庭の場合は別ですが、例えば子どもが入学する年齢だと一時的に出費が増えますよね。

 

あのとき、50万円を置いておけば良かったなぁ、なんてことも想像できます。

 

夫の転勤で単身赴任ともなれば、この場合もまとまったお金が必要です。

 

そんな時は、頭金無しでローン購入するより、頭金不要のリース契約がお得なんです。

 

えっ!?頭金無しのローン購入のほうが良いんじゃないの?と思うかもしれませんが、ローン購入の場合は、ローン支払途中で「車の税金」「点検費用」「車検費用」「タイヤ交換やワイパー交換などの部品代」がその都度発生します。

 

【リースがお得な理由】

 

リース契約の場合は、上記の都度発生するお金が毎月の支払金額に「全てコミコミ」なので、余分な出費が無い分、家計のやりくりが楽です。

 

また、車購入時の金額が安いのも魅力です。残価設定というのですが、5年間乗ったとしてその5年後に売れる車の金額を最初から引いた金額です。

 

例えば、200万の車が5年後に80万で売れるということであれば、差し引き120万円の金額をリース契約することになります。
つまり、頭金を80万入れたのと同じという感じでしょうか。

 

それプラス、月々の支払金額に「車の税金」「点検費用」「車検費用」「タイヤ交換やワイパー交換などの部品代」がコミコミです。

 

余分なお金が財布から出て行かないのが大きなメリットです。

 

【リースが損なところ】

 

リースですから、リース会社に利益が出るようになってます。つまり、普通のローン購入の金利より若干高い金利が設定されています。

 

でも、お得な理由のところで書いた、残価設定により実質の支払はローン購入と同等かそれ以下になるのが多いです。

 

いちばん気になる損だと思うところは、リース契約が終わっても自分の名義の車にならないところ。もちろん、そのままリース契約を継続することもできますし、追加料金を支払って自分の名義の車にすることも可能です。

 

まとめ

 

・車のローン購入時の頭金の平均は20~30%

 

頭金なしのリース契約のメリット(お得なところ)

・頭金のお金をイザというときに残しておける
・残価設定により、月々の支払は意外に安い
・月々の支払額がコミコミで一定

 

頭金なしのリース契約のデメリット(損なところ)
・契約終了しても自分名義にならない
・ローン購入より若干金利が高い

 

ものは考えようで、シニアや女性の場合は車のことが詳しくないとか、わずらわしいと思う事がリースだと全てリース会社がやってくれるので便利です。

また、3年や5年でリース契約した場合、次もリースにするとより安全装備された車に乗ることができるので、事故のことを考えるとメリットかもしれません。

 

最近多い、アクセルとブレーキの踏み間違いなどによる事故も大幅に軽減されるでしょう。常に最新の装備や安全装置がついた車は快適なだけでなく、安全安心。家族の心配も減るのではないでしょうか。